Messages from AGORIANS

「上から」 ではなく、 とことん 正直に話し合う。
信頼関係が、 やがて自発的な 最強チーム になる。

石井 幸太郎 Kotaro Ishii

アゴーラ 東京銀座

総支配人

アゴーラプレイス 東京浅草の宿泊キャプテンから支配人を経て、35歳で総支配人になりました。その時最も苦労したのはチーム作り。忘れられない体験です。役職、国籍、価値観など、アルバイトも含めて様々なスタッフで構成されたチーム。何らかの不満をそれぞれに抱え、協力的になれない、必用なこと以外言葉を交わさない、当時はそんな状態だったと言わざるを得ません。まずは徹底的に自分からコミュニケーションを取るところから始めました。ひたすらに毎日毎日話し掛け続けてしばらくすると、少しずつ皆が口を開くようになってきました。でも、出てくる言葉はネガティブな発言ばかり。チームの状態をリアルに感じ、くじけそうにもなりましたが、「ここで逃げたらダメだ」と腹をくくり、目を背けず、ごまかさず、正直に向き合おうと決めました。相手にも言いたい事を吐き出してもらい、その上で「僕もこう思っていたよ」と本音を言いました。まさに「正直ミーティング」です。

ある日出張から戻ってくると、「私たちの行動指針」と書かれた大きな紙がバーンとバックオフィスに貼ってありました。スタッフが自発的に話し合い、優れたチームワークを構築する上で大切にしていくルールを掲げてくれたのです。それからは、お互いに関心を持ち合い、お客様へのサービスを自分たちで工夫する、そんな強いチームに猛スピードで進化していきました。自分の言うことが正しいからチームが動いてくれる訳じゃない。本音を言い合える関係作りこそが大事なのだと実感した出来事でした。

就活中の皆さんにとって、会社に入ってどのように成長できるかは大きな関心事ですよね。安心してほしいのですが、会社で成長するために必要なことのほとんどは、学生時代の環境や生活の中で、既に皆さんにしっかりと刻み込まれています。私にとっては野球でした。高校は強豪校で、練習は相当キツかったです。でも逃げなかった自分が今ここにいるし、何よりも「全力でやる」「絶対にあきらめない」「一人ではなくチーム」など、本質的な考え方を学ぶことができました。アゴーラという環境の中で、この経験が磨き上げられ、成果に結実したのだと思います。だからこそ「これを頑張りました!」そう言えるものがある学生の皆さんはアゴーラで成長できると言い切れます。 自分自身がそうでしたから。

今は「アゴーラ 東京銀座」と「TSUKI 東京」の二つのホテルの総支配人を兼務しています。忙しい日々が続いていますが、これからもスタッフやチームが最速かつ最大に成長できる環境を作るため、とにかく私は本音で語り合えるチーム作りにこだわっていきます。

PAGE TOP