Messages from AGORIANS

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る

仕入れを担当している購買部門のスタッフとは、常に情報交換をしている高橋シェフ。注目の食材があれば自ら現地に出向いて生産者の声を聴き、新しい商品作りに役立てている。

高橋 賢一 Kenichi Takahashi

ホテル・アゴーラ リージェンシー堺

宴会部 製菓・製パン 統括シェフ

私は専門学校で就職活動を始めるときから何故かホテルで働きたいと思っていました。おそらく、綺麗で高級感のある外見にあこがれを抱いていたからだと思います。結果大阪の梅田にあるシティホテルに就職が決まり自分の人生が大きな一歩を踏み出したと舞い上がっていたのを覚えています。しかしいざ現場に配属されると抱いていたイメージとはかけ離れていて、周りには厳しい先輩もいましたし、まだ仕事に不慣れで手際も悪かったので、終始時間に終われる毎日でした。でも徐々に仕事と環境に慣れ、やり方や進め方を工夫し早く終わらすことが出来るようになっていき、少しずつ褒められる事も増えてきました。それがとても嬉しくてもっと早く仕事をこなせるようになろう、もっと技術を上げようと無我夢中でした。

私は3軒のホテルで経験を積みましたが、立場が上がるにつれ先輩や仲間に認められるだけでなく、お客様に対しても料理をもっと楽しんでもらいたいという気持ちも大きくなっていきました。やはり私たちの仕事はお客様があっての仕事だという意識が強くなり、そういう気持ちがないと上の立場にはなっていけないと考えたからです。そんな時、年齢はあまり関係なく色々なチャンスを与えてくれるアゴーラを知り、興味を持ちました。その後何度か話を聞いているうちに、自分の考え方と似ている部分が多いと感じられたので転職を決意しました。

私は現在、ホテル・アゴーラ リージェンシー大阪堺では製菓と製パンの二つのセクションのシェフを担当しています。今まで二つのセクションを見るという経験がなかったため戸惑いがあり、現在でも完璧に出来ているかというと自分でも疑問符ですが、総料理長をはじめ周りの方たちがサポートをしてくれているので何とかやれています。こういった協力体制をホテル、アライアンス全体で行われているところがアゴーラの強みであると思っています。

製菓製パンはホテル館内のあらゆるセクションと絡む重要なセクションで日々プレッシャーもありますが、その代わりやりがいも大きい部署です。製菓では今年に入りスタッフ全員が一品ずつお店のショーケース商品を考案し販売を始めています。その中には2017年度入社で1年目のスタッフも入っています。そのような場を私が若手スタッフに提供する事により、仕事に対する喜びも感じられると思いますし、成長にもつながっていくと思っています。チームとしてまだまだ完成はされていませんが、反対に言えばまだまだ伸び代があるということですので、これからもチームワークを重視した部署を作っていきます。それが私の仕事であり周りの方のサポートを無駄にせず私自身が切り開いていかなければならないことです。そしてたまに自分が初めて働き始めた時のことを振り返ると長い道が出来ていることを実感します。今後もこの気持ちを忘れず、楽しく働ける環境を築き上げていきたいと考えています。

PAGE TOP