Messages from AGORIANS

アゴーラのビジョン「美しい日本を集めたホテルアライアンス」を
もっと多くの人に伝えたい。

時間を見つけては、各プロパティのスタッフとよく話をします。「最新」かつ「正確な」情報や素材集めをするには、やはり日頃からのコミュニケーションが大切。何気無いやりとりから伝わってくるスタッフの強い思いも、PRには大切です。

浦辺 留華 Ruka Urabe

ブランドデザインチーム PR ディレクター

アゴーラのブランドをメディアを通して伝えていく

私は大学卒業後、雑誌の編集やライターを経て、PR会社でPRのノウハウを学び、ホテルをはじめ化粧品、玩具、ITなど様々な業種のPRに携わりました。その後、マーケティングPR(販売促進やPR)のノウハウの取得を目的として、住宅設備会社やアパレル会社において広報業務に従事した後、アゴーラに入社しました。PRのお仕事はアゴーラのビジョンや各施設のコンセプト、事業戦略などに沿いながら、商品・サービスといった様々な情報をメディアへ発信し、TVや新聞、雑誌、Webサイトなどで紹介してもらうためにメディアに働きかけたり、自社のHPやSNSなどで告知をするお仕事です。そのための主な手法として「プレスリリースの作成とメディアへの配信」を行っています。まずメディアに発信したい、取り上げられたいと思う、ホテルの「最新」かつ「正確な」情報、素材を集め、それらを簡潔にまとめた資料(プレスリリース)を作成します。それを、各種メディアに向けて発信をすることで、露出してもらいます。様々なメディアに取り上げてもらうことで、世の中に自分のホテルの商品やサービスが知れ渡ることができます。本来PRは、企業がその事業活動や方針などを、社会公衆(Public)に知らせ、企業との関係(Relation)において、良い世論を創り出すよう努める機能と言われています。現在は、コンセプトが異なる8つの各施設の魅力を伝えるPRと、アゴーラというホテル運営会社としてのコーポレートPRも担当しています。より多くの方たちにアゴーラというブランドを知っていただくために、各施設のイベントや宿泊プランなどを、様々なメディアにコンタクトし露出につなげていくことが主な業務です。

 

アゴーラは「やりたい!」という思いに応えてくれる会社

私がアゴーラを選んだ一番の理由は「美しい日本を集めたホテルアライアンス」というビジョンにとても魅力を感じたことです。そして、この素晴らしいビジョンをPRを通してもっと広く多くの人に伝えたいと思えました。このように「やりたい!」という思いに応えてくれるのも、アゴーラの魅力のひとつです。2016年に「松本ホテル花月」がリブランドオープンした際は多くのメディアを招待した「プレス発表会」を任せてもらい、当日は地元のテレビ局や新聞だけでなく、東京のキー局の番組取材も獲得することができました。これは事前に数多くのメディアを訪問した成果でもあり、多くの影響力のあるメディアを通じて「松本ホテル花月」と「アゴーラ」を知っていただくことができたことは大変に嬉しい出来事でした。

 

施設のスタッフから「お客様がメディアを見て来館してくださった」ことを耳にすることが、何よりも嬉しい

PRという業務にとって、施設に適した雑誌や新聞、テレビなど、メディアに露出されることが最も重要ですが、何よりも嬉しいのは施設のスタッフから「お客様が◯◯というメディアを見て来館してくださいました」と耳にした時です。そんな時はPRが少しでも役に立てたという実感が湧き、また頑張ろうと思え充実した気持ちに満たされる瞬間です。

 

誰もがビジョンに向かって共に歩んでいくアゴリアンズ

アゴーラは、働く場所や職種は違っても、全社員がアゴリアンズとして一つのビジョンに向かって、年齢や役職に関係なく共に歩んでいく会社です。是非、アゴリアンズとして「美しい日本を集めたホテルアライアンス」というビジョンを共に構築して行きましょう。

PAGE TOP