Messages from AGORIANS

「仕事とは遊び」です。
忙しくても、困難なことでも、とことん楽しむもの。

ミッションの中にある「デザインサビー」という言葉。ホテルのコンセプトを把握したうえで、その価値をしっかりと伝えられるようなデザインに落とし込み、デザインを通して「見た人が期待を感じられるか」と常に考えています。

佐々木 史明 Fumiaki Sasaki

ブランドデザインチーム クリエイティブセンター センター長

デザイナーの仕事は、課題をデザインで解決すること

もっと深く課題に入り込むために、アゴーラに

私の社会人としてのスタートは、ホテルではなく印刷会社のデザイン部門、グラフィックデザイナーでした。いろいろなクライアントからの依頼を受けて素敵な印刷物を作る。新人デザイナーというのは皆さんのご想像通りだと思います。朝から晩まで、先輩に怒らながら、時にはクライアントにお褒めの言葉をいただきながら、自分のセンスに限界を感じたり、その限界を突破したり、それはもう悪戦苦闘する毎日です。でも、そんな毎日がとにかく楽しい。まったく苦ではありませんでした。自分の成長が目に見える形で分かるだけでなく、フライヤーひとつをとっても、自分の仕事が世の中のどこかで、誰かの心を動かしているはずだからです。そして、クライアントの課題をデザインで解決していくうちに、その課題にもっと深く、根本から入り込みたいと考えるようになったことをきっかけに、アゴーラのクリエイティブセンターでアライアンス施設のデザイン業務に携わることになりました。

 

「アゴーラをNo.1のデザインをするホテル会社にしよう」という決意

まだ知らない日本を見てまわろう……私とアゴーラとの出会いは、そんな思いから車で日本を一周している時に見かけた「美しい日本を集めたホテルアライアンス」という言葉でした。ビジョンとして、わたしたちのありたい姿として掲げられているこの言葉にとても共感し、期待をしたことを今でも覚えています。そして見つけた、ミッションの中にある「デザインサビー」という言葉、これはデザイナーとしてはどうしても見過ごすことはできませんでした。アゴーラはデザインにこだわる会社です。デザインに精通することはアゴーラの戦略です。それらを知った瞬間、「アゴーラをNo.1のデザインをするホテル会社にしよう」と強く決意しました。人の「こうありたい」を叶えるための美しい計画が実行されている状態。とにかくここに、いつも全力の日々です。

  

常に自己ベストのデザインを

デザインをするうえで大切にしているのは「今をよりよくすること」

ホテルのコンセプトを把握したうえで、その価値をしっかりと伝えられるようなデザインに落とし込むテクニックや手段は細かくありますが、最も大切なのは「見た人が期待を感じられるか」「ホテルへ足を運んでくださるか」「ブランドを感じてもらえたか」ということです。イベントや商品の良し悪しや結果が直に見えるので、それぞれの企画が成功することは単純に嬉しく、次へとつながります。私がデザインをするうえで大切にしているのは「今をよりよくすること」。いつでも妥協せず過去を越えていく、進化させていくスタンスで常に自己ベストのデザインを心がけています。

 

仕事とは失敗の許されない遊び

そんな風にがむしゃらに突き進んでいたアゴーラに入って間もない頃、当時の上司であるセンター長の問いかけが今でも印象に残っています。「佐々木くんにとって仕事って何?」。ひたすら過ぎていく毎日の中でハッとしました。そういえば仕事って一体何なのだろう? その時の私はうまく言葉にできませんでしたが、今でははっきりと言えます。「仕事とは遊び」です。こんなことを言うと怒られるかもしれませんが、どんな時も楽しめるような遊びなのです。仕事とは、忙しくても、困難なことでも、もちろんうまくいったことならなおさら、とことん楽しむものです。ただし、失敗の許されない遊びではありますが。今では私もセンター長を職務としており、その人の大きな背中を追いかける日々です。けして簡単に追いつける存在ではありませんが、強いチームを作っていくうえで、メンバーにどのような言葉をかけると持っている力を伸ばすことができるのかを常に考えています。今ではあの時の上司の問いかけの意味も理解できる気がしています。

 

自分が正しいと思ったことをやる、不安に思うことや恐れることは何もない

アゴーラは本当に自分のやりたいこと、強く心に決めた思いを実行できる環境が整っています。すべてのアゴーラを愛してくれるお客様のために、全員がビジョン「美しい日本を集めたホテルアライアンス」に向かっているからです。自分が正しいと思ったことをやる、不安に思うことや恐れることは何もないのです。上司や先輩がいつでも見守ってくれています。ホスピタリティー精神を持ったあなたのセンスをぜひ見せてください。

 

PAGE TOP