Messages from AGORIANS

優しい先輩たちに支えられて進んでこられた道。

吉成 奈々美 Nanami Yoshinari

野尻湖ホテル エルボスコ

宿泊部

長い時間接することで得られる経験

2017年から長野県の「野尻湖ホテル エルボスコ」で勤務をしています。エルボスコではベルやフロントといったように役割が分かれておらず、オーベルジュスタイルのように、お迎え~チェックイン~レストランのお手伝い~清掃~チェックアウトまで一連の業務に携われます。お客様とは滞在中に何度も顔を合わせますので、チェックイン対応したお客様と夕食時レストランでお会いし「あれさっきもいたよね?」と言われることも度々あります。また顔を覚えて頂ければ会話も弾みます。滞在中のプランや今日のお昼に食べたお蕎麦の話、時にはプライベートのお話になる事もあります。私はお客様との会話の中から色々なことを学ばせて頂いています。これはお客様と接する時間が長いエルボスコならではの体験だと思います。

今では接客がとても楽しいのですが、入社したての頃は分からない事が多く、長野の観光地にも馴染みがないので自分の接客に自信が無く、ちょっと消極的になっていました。そんな姿を見かねた先輩たちから「接客あまり得意じゃないの?」「もう少し笑顔をがんばってほしいな」と注意をうけてしまいました。私は本来人と接するのが大好きです。そしてそこから火がつきました。休日に観光地に行って勉強したり、フロント担当ではありますがレストランで使用されている食材についても勉強しました。そうしていくうちに少しずつお客さんに応えられるようになり、先輩たちにも褒めてもらえて自信につながりました。

  

第2の家族

AGORAには「やりたい」といえば任せてくれる文化があるので、ホテル内ショップを担当してみたいと言った私は入社1年目の夏からショップの責任者に抜擢されました。最初は分からない事も多く大変だったのですが、先輩たちに助けられながら頑張っています。私が休みの時は業務を代わりにやっておいてくれたり、商品のディスプレイの仕方を丁寧に教えてくれたり、他のお店で置いていた面白そうな物があると「今度うちでもいれてみたら?」と教えてくれたりします。また、業務がパンクしそうになると私の様子をすぐに察知し、助けてくれるのも先輩たちです。

改めて振り返ると、私はいつも優しい先輩方に支えられてきました。AGORAでは「家族的なチームワーク」とよく表現されますが、私にとってAGORAはまさに第2の家族のようなものです。

 

PAGE TOP